まかハウス  トップページに戻る


相性占いをする前に読むと参考になりそうなこと

ここでは、占いで「相性を調べたい」という人が
占いに行く前に前もって読めば参考になるのでは、と思うことを書いてます。

私がお客様の相性診断して感じたことなど書いていますので、私の目からみた内容になっています。

占い師によって全く違うことを感じているかも分かりませんが、そのつもりで読んでくださいね。

あなたの人生をよりよいものにするために、占いを上手に利用してください。


------------------------------------------------------------

男女間の悩みは古今東西尽きることはありません。

若いうちは特に、ちょっとしたことで天にも昇るくらい嬉しくなったり、死にたくなるくらい悲しくなったりすることってありますよね。

また不思議に思うことってなかったですか?

「どうしてみんな彼や彼女がいるんだろう」とか
「どうしてあんな女(男)にあんな格好のいい男(女)がくっついてるの?」とか
「どうしてこんなに好きなのに分かってくれないの」とか
「どうしてこんなにダメなやつなのに好きなの」とか。


そう思いながらも、そこそこの年になったら、何となくみんな結婚してたりするのでそれはそれで不思議だったんですが、まあこのページを書いている私も、やや遅かったのですが結婚しているので、まあそういう時期が来たら結婚するようです。
(必ずそうとも限りませんが)

恋愛でも何でもそうですが、うまくいくかどうかはまず「自分自身をよく知っている」かどうかで決まるんですね。


自分のことは自分が一番よく知っているはずなんですが、自分が当たり前と思っていることが他の人には全くあたりまえじゃないことってありますよね。


恋愛や結婚って、そんなふうに性格も生育環境も全く違う二人が一緒に生活するのですから大変です。

でも一緒だとやはり楽しいですよね。



★ さて、ここで質問です。

相性をみてもらいに行くとき、あなたはカップルで行きますか?
それとも1人で行きますか?


私がみた印象としては、カップルで来られる場合は「うまくいっている場合」が多いです。

目の前でいちゃいちゃされる場合もあります。

まあ片思いの時はカップルで行きたくても行けないですけれども。

よって2人で来られるのは、それはそれでいいのですが、あなたが占いをもっと効果的に利用しようとすれば……

カップルで行くより、あなた1人で占いに行きましょう。

理由はこんなにあります。
   
一応説明しやすいように、長く一緒に生活するという意味で結婚の相性ということで話を進めていきます。
また、家と家の関係などに関しては今は考慮に入れないで書いています。
シンプルに本人どおしの相性をみる場合ということで考えてください。
(お付き合いだけの相性でも同じように考えてくださいね)


また、片方の性別で説明した方が説明しやすいので、このページを読んでくださっているあなたは、一応女性と見なして書いていきます。

もしあなたが男性の場合は、男性と女性を入れ替えて判断して読んでください。


----------------------------------------------------------------

●相性がいい場合

お二人で占いに来られた場合


「相性がいいのでこれからもずっと仲良くしていってくださいね」
となってめでたしめでたし、となります。

が、
場合によっては、そうもいかないこともあります。


例えば彼が、暴力的で浪費家で非常に奥さんを苦労させるような人だった場合、

そんな人と結婚すると苦労ばかりさせられるのに、幸か不幸か相性がいいだけに腐れ縁となってしまって別れられなくなります。

仮にやっと別れられても、そんな彼なので他の女性ともうまくいかず、相性が
良かったあなたの元へ復縁を迫るなんてことが起こる可能性があります。

怖いですね。

こんな場合は、あなた1人で占いに来ている場合だったら、
「相性はいいけど苦労するから、止めた方がいい」とアドバイスできます。

ま、お二人でこられても、「相性はいいけどこの人と一緒になると奥さんは苦労しますよ」と言うことは伝えますけれどもね。


反対にあなたが非常に困った性格で夫を苦労させそうだった場合、

「あなたと一緒になる人はあなたに困らされて、結局離婚になったりすることが多いです。だけど、この人とだったら相性がいいので結婚生活が続けられる可能性は高いです。絶対にこの人を逃さないように」とアドバイスできます。


たとえあなたが浪費家でわがままでも、相手が金運がよくて度量の広い人なら彼は「困った奥さんだ」と思いながらも、相性がよければうまくいきますので。

もちろんあなたには、「あまり夫を苦労させるようなことをしては、いくら相性が良くてもうまくいかないですから、度を超したわがままは控えましょう」と言うようなアドバイスもしますが。

----------------------------------------------------------------

●相性が悪い場合


お二人で来られた場合

「相性は悪いです」と、やはり伝えます。


ただ、すべて悪いとか、すべていいとか言うこともほとんどないので、こんなところは悪いですが、こんなところはいいでしょうと言うことが多いです。


ただ、もう結婚が決まっているとか、もう結婚している場合は、
それぞれのいいところや悪いところもお互い理解しあえるようにお話しします。

お1人で来られた場合は
その人が別れた方がいいのか、それとも続けた方がいいのかその人にとって、どうすればよいかを伝えるということになります。

例えば、あなたが異性運が悪くて他に彼ができそうにないとか、30歳代後半で、「どうしても結婚したい、子どもも欲しい」と言う場合だったら、

「これこれこういう理由でうまくいかないかもしれないけど、この人とだったら子どもができると思うので、子どもを産んでそれでダメなときは子どもを連れて離婚すればいいと思います。一度結婚してみるのもいいでしょう」とお答えすることもあります。
そうでないと、子どもができる機会を逃してしまうからです。


●他、1人で占いしてもらった方がいい理由


○どちらかが非常に浮気っぽい性格の場合、1人の前では言いやすいですが付き合っている相手が一緒の場合は言いにくいです。

「あなたはとても1人の男性(女性)では収まらないので、本来なら結婚しない方がいいんですけれどもね。今も彼以外に好きな人がいるんじゃないですか?」

という場合も、相手が一緒では、そこまでは言えないですね。


もし、そばに相手がいない場合なら、

「そうなんです、どうしても他にも目移りしてしまって困るんです。どうしたらいいでしょうか?」
とか質問していただけますけれどもね。
○趣味嗜好、話は合うけれども肉体的な相性は非常に悪い、という場合も2人で来られている場合には言いにくいです。

でも言いますが。

「そう言う組み合わせです」と言うだけですけれどもね。

当たっているかどうかは、それぞれが感じていただければいいだけです。


いずれにしても、良いことは言いやすいですが、悪いことは言いにくいです。


自分が言いにくいから「1人で来て」と言っているのではないですが。
(実はそうかもしれないですけど……)


相性をみたとき、相性の度合いが同じくらいでも、ある場合には結婚を勧め、ある場合には思いとどまるように言うことがあります。

それはなぜかというと、
「運勢を見て」と来てくださったお客さんの幸せを一番に考えるから
です。


あなたより強運や運勢のいい人と一緒になれば、その恩恵を受けます。
でも、あなたより悪い運勢の人と一緒になればあなたの足を引っ張られることになります。


だから親御さんが子どもの結婚について「相性をみて」と、来られた場合は、必ずどちら側からの話なのかを聞くようにし、相性だけでなくその人の側にとって良いかどうかということを占います。


----------------------------------------------------------------

あ、でもこんなこと書いていますけど、相性を見るのに、2人一緒に来られる場合はうまくいっている場合が多いんです。

特に、もう結婚を考えているくらいのカップルが多いです。

だから、相性もそこそこいいのが出ます。でも出ない場合もあります。

そんなとき、困るので上記のようなことを書いたわけです。


それでも(相性が悪いのに)うまくいっているという場合は、どちらも人間的に落ち着いているというか愛情が深いというかきちんとしている場合が多いのですけれどもね。

もしくは、どちらも異性運がいいときが回ってきている場合です。


2人で占いに来られた方がいい場合もあります。

例えば、結婚の時期を決めるとき。

そんな場合は、どちらにとってもできるだけいいようにお2人からいろいろお聞きしながら聞けるので、お2人そろっての方がいいですね。
ただ、結婚しようかどうしようか、と迷っている場合は、1人で占った方がいいでしょう。
迷っていると言うこと自体、何か思い切れない事情があるということですから。


いずれにしても完全な人はいないわけですから、少しでもあなたにあった人と一緒に人生を歩いていきたいですね



----------------------------------------------------------------

●自分をよく知る


あなたが、何を大切に思っているか、それによって合う人も違ってきます。
例えばあなたに彼候補が2人いるとします。

Aさん:金運がよくてあなたに優しいが、あなた以外にも女がいてその人にも優しい。
Bさん:たぶんあなたのことだけ愛してくれていそうだけど、本当に愛してくれているのかどうかもわからないくらい愛情表現が下手で貧乏。


どちらも同じくらいの相性の組み合わせとした場合、あなたはどちらを選びますか?

もしあなたが、お金が大切な人なら、貧乏には耐えられません。お金がなくて夫婦げんかするなんて耐えられないでしょ。

一方、愛が一番と考える人は、他に女がいるなんて耐えられません。
たとえ貧しくとも、自分が必死で働いて愛する彼や家族を支える方がいいですよね。


まあこれは、わかりやすいように反対のタイプの男性の例を挙げてみたので、いくらお金が大切だからって他の女がいても我慢できるかというとそう言うことではありません。
ただ、大切だと思うところや嫌だと思うところは、人によって違うのでその人にあった相手というのが大切になってきます、ということですね。

----------------------------------------------------------------

●結婚と就職は似ている

昔、女の人が結婚することを「永久就職」って言ってたんですが、結婚って本当に会社に就職するような感じです。

C社 :給料が良くて、社宅や保養所が充実し有給休暇が取りやすいなど福利厚生がしっかりしていて、社会的にも有名な会社。
そんな会社だったら、少々「この仕事、合わないなあ」と思っても、辞めようとは思わないですよね。

また、そんな会社はあなたのできが少々悪くても、あなたを雇い続けてくれるだけの余裕がありますので、労基法も守ってくれるし簡単にはクビにすることはありません。


D社 :運転資金に四苦八苦しているような会社で、従業員は使わなきゃ損とばかり過酷な労働をさせた上に、給料が低い会社。福利厚生も期待できず、労基法違反なんて当たり前。残業代なんて簡単にカットされるような会社。
それで文句を言おうものなら簡単にクビ!
いくらその会社のために必死で頑張っても、体調を崩したら終わり。
「そこまでして頑張ってくれたのか」と気づいてもらえるどころか、「役立たず」として簡単にお払い箱にされてしまいます。

いくら好きな仕事でも、Dの会社はきついですよね。

それと同じことですよね、結婚も。

きちんと社会生活できている人は、あなたが「仕事のある日は仕事してね。借金しないでね」とわざわざ言わなくても、仕事のある日は仕事をし、生活レベルを上げようと努力します。

多少の程度の差はあっても家庭を守ろうとしますね。基本的にこういう人と結婚するべきです。

しかし、結婚して生活費がなくなってあなたが働いて必死で家計を支えていてもギャンブルにお金をつぎ込む人もいます。
それなのにあなたが「お金がないのでギャンブルは止めて」と文句を言おうものなら、殴ったりするような人も現実にはいます。
いくら、相性がよくてもこんな人と結婚してはダメです。
苦労するだけです。


会社と配偶者を同じように考えるのはいけませんが、あなたの結婚相手やお付き合いの相手には、相性だけでなくまずは人間的にちゃんと社会生活できる人かどうかということが大切です。


----------------------------------------------------------------


●運勢の波を知る

他、大切なのは運勢の波を知ること。

異性運のいいときと悪いときは誰にもあるので、いつ頃がいいか(また悪いか)を知って、いい時期を逃さないことが大切です。

決断力のない人には特に重要です。


彼や彼女がいて、結婚の話が出ている時に、「まだもっといい人が出てくるかも」と思って決断できないことってありますよね。

今が異性運のいいときだったら、「今決めないとこれを逃すと縁遠くなる」となれば「今しかない」と思って決断できますよね。

完璧な結婚相手を探している間に(そんな人はほぼいないのですが)時期が過ぎてしまって、多少は難ありでも手にはいるはずだった結婚相手までなくしてしまう、ということを防ぐことができますよね。

またあなたが本気で結婚したい相手が、今結婚に向いている時期だったら、少々あなたの方の都合を変えても結婚に持ち込んだ方がいいですね。
そうでないと周りの状況が変わって結婚できなくなったり大幅に遅れてしまったりするからです。


----------------------------------------------------------------

と、まあごちゃごちゃ書いてますが
ほとんどの人はそんな細かいこと考えずに「好き!」というわけの分からないものに突き動かされて、幸か不幸か異性と結ばれるようになっているんですけれどもね。
その「好き!」な人と結ばれなくても、相性がそこそこよければ、楽しく人生をすごせると思うので、ちょっとうまくいかなかったくらいでめげないでくださいね。


「どうしても一緒になりたい」と思うほど異性を好きになれない人は結婚が遅れることはありますが、反面、冷静に相手をみれるので、それはそれで個性なのでいいんですよ。

すぐ「好き! 大好き」となってしまう人は、異性関係では楽しいことも多いですが、相性が非常に悪くてもそのまま突っ走ってしまうので、情熱が冷めたときに困ります。


いずれにしても、相性をみてもらおうと思う場合は、まずあなたの性格をよく自覚して、相手の人となりを知り、あなたに合うかどうか聞いて、もしダメならあなたが何を大切に思っていて何に耐えられないと思うか聞いてみるといいですね。


相手のことも自分のことも、そんなことは赤の他人の占い師よりあなたご自身がの方がご存じだとは思うのですが、自分では認めたくない部分は他人に指摘されないと分からないことも多いので、自分を客観的に見る手段の一つとして占いを利用してください。


ご意見・ご感想などあればお気軽にメールくださいね。
お待ちしてます。


まかハウス 森優花




お電話でのご予約・お問い合わせはこちら。


TEL/FAX  06-4393-8117


←メールでのご予約・お問い合わせはこちら。


営業時間
 10:00〜18:00
休日
 日曜日(第1.3.5日曜日)・火曜日




メルマガを発行しています。

メルマガの登録はこちらです(無料)

『占い(四柱推命)で貴方の行動を応援!!』
(ID:0000157334) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム
解除フォーム

まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。

トップページに戻る