TOPに戻る


背中を押した人 (占い済み) スペースの関係上、ご質問内容は短くなったり、表記を一部変更してあるところがあります
●kumiさん 女性・20代後半 (2005/7/8 No.11)

『自分で美容系のビジネスを成功させたい。
また、支えあえる人と出会って、できれば結婚したい。
今の彼がビジネスをすることを反対。説得できるか心配。
このままこの人と結婚しても応援してくれないと大変だなという心配がある』


kumiさんは、壬日の生まれで、人の上に立つことができる人です。
今どのようなお仕事をされているかわからないので、具体的には言いにくいですが、自分でビジネスをされたいというのは、あなたの持って生まれた性格からいって自然な流れだと思います。
ただ、商品を売ったり買ったり在庫を抱えたりするようなビジネスにはあまり向いていないようです。
むしろノウハウを売ったり技術で勝負するようなビジネスの方が向いているでしょう。
あなたは結婚しても専業主婦のタイプではありません。

今の彼がビジネスをすることを反対しているとのことですが、本当にビジネスをしたかったら、説得するか別れるかどちらかを取らなければなりません。
こっそり始めてしまう、という方法が一番手っ取り早いですが、ばれたときにどちらを取るか、気持ちの上では決断しておく必要があります。
ばれたときに彼を取りたいという場合でも始めてしまいましょう。ばれてから止めればいいのです。

いずれにしても、どうしようか、と悩んでいるより、彼を説得しつつ、ビジネスも始めてしまうことです。
あなたが真剣に努力している姿を見れば、彼が応援してくれるように変わることもありますし、またビジネスが思ったより困難で、あなたの方が「やっぱり止める」と心変わりすることもありますので。

あなたが彼の反対にあって、仮にビジネスを止めた場合、万一彼が不慮の事故でいなくなったり、他の女性の元に行ってしまったりすると、あなたは彼と夢と両方失ってしまうことになります。
そのことを頭の片隅において、あなたの今後取るべき道を考えましょう。

----------------------------------------------------------------
その後 (2005/7/11)
----------------------------------------------------------------

先日占っていただいたkumiです。ありがとうございました。
3ヵ月後にももう一度メールしますが、取り急ぎお礼と、最新の報告です。
ビジネスをしたいと思うことは自然なこととあってうれしかったのがまず第一。

美容系のビジネスと書きましたがまずはネイル→アロマセラピー→ヒーリング→カウンセリングという形で広げていきたい考えていたところで、yuukaさんの言う在庫を持たないビジネスにぴったりだったのもうれしい悲鳴。

今、まだ会社員で、彼も説得中なのですが、まずは彼(といってももう3年一緒に住んでいる)にだまってネイリストプロフェッショナルコースへ申し込み、来週からの彼の出張中に通い始めることを決めたところにyuukaさんからの「彼にだまってはじめてしまう」というコメントにプッと噴出してしまいました。

結構罪悪感もある決定だったのですが、ま、なるようになるか、と吹っ切れました。

あとはがんばるのみです。


----------------------------------------------------------------
kumiさん 女性・20代後半 (2005/7/28 No.11-2)
----------------------------------------------------------------

『ビジネスをしたいと思うことは自然なこととあってうれしかったのがまず第一。美容系のビジネスが在庫を持たないビジネスにぴったりだったのもうれしい悲鳴』

彼にだまってネイリストプロフェッショナルコースへ申し込み、来週からの彼の出張中に通い始めることを決めたそうです。
『彼との相性も占って欲しい』とのことですが、kumiさんの彼も外国人とのこと。
こんなにも外国人の方と付き合っている人が多いとは……。結果は次のとおりです。


彼とkumiさんは、お互い水の生まれで話が合うでしょう。
しかし、彼が、あなたの仕事を理解し強力することは、難しいと出ています。
もし彼と結婚した場合、そのことで悩みそうな状況があります。
はっきり言いますと、あなた自身が結婚より仕事等に力を入れそうで、そちらの方が向いているようです。




TOPに戻る  占い済みに戻る  占い済み(金運・仕事運)に戻る